マカオ パチンコ屋

マカオ パチンコ屋

そして細い体躯を包むは袴装束――いつしか見た姿とまったく同じ、その男は

 盛大にため息を落とした

「え、なにその反応

それこっちの反応じゃない?」「うるせェ……」 名前は――ええと、なんだったか

あなたも好きかも:台湾 カジノ 2017
海に出る前の付き合いだったので、名乗られた覚えもないのだが、名乗ったかもしれない事実がある以上、言及できないわけで、ともかく私はセンセイと呼んでいた

「挨拶一つもなく、ぱッと消えるみてェにいなくなりやがって」「挨拶しようと思ってもいないじゃん、センセイ

あ、これ私の鍋だから手ぇ出したら怒るから

あなたも好きかも:スロット ガルパン サバイバルウォー
今お金ない」「出さねェよ、ガキに面倒見てもらうほど落ちちゃいねェ――お前は食うか?」「奢りなら食べる

当たり前じゃん

センセイなんだから奢ってくれて当然? いや感謝はしますけれども、どうか奢ってください

金欠なのですマジで」「甘やかすつもりはねェんだがなあ……」 なんて言いながら、結構な量を注文してくれるから、センセイは好きだ

「で? どうなんだ」「なにがー?」「それ」 顎で示され、私は視線を左の腰に落とす

そこに佩かれているのは二本のナイフ――否、小太刀だ

 上側にあるものは、刃を上にしてあり右手で抜く

下側にあるものは刃を下に、左手で抜く

まあ状況に応じて左右は変わるけれど、順手か逆手が変わるだけのことだ

「これ、ねえ」 船乗りがナイフを持つのは自然なことだ

大抵はすぐ使えるよう腰に装着する