ハーデス パチンコ エアー

ハーデス パチンコ エアー

まあいいだろう、ボクだとて察する心くらいは持ち合わせているのでね」 それにボクも暇じゃないと続けた道化師は、煙草に火を点けた

「しかしだ、ボクがこうして足を運ばなくてはならないのは、七番目にも一因があるのだがね」 一度立ち上がった陽炎は食器棚の隅にある灰皿を片手に、室内AIが換気扇を回しているかを確認してから戻る

「あたしに?」「状況を見ていた知人が失笑しながら言っていたな

君は、あまりにも橘の名に甘んじていると」「……? だってあたし、橘だし」「おや、自ら愚鈍であることを証明するとは恐れ入ったな

さすがは橘の七番目だ、そうは思わんかね原の」「知らないね

状況を見ていたのは誰だ」「品行方正のボクとは違って誰かを騙すことを生活にしているやつだ」「んで、どゆこと?」「ん? ああ、遠回しに言えば、てめぇの頭でちったあ考えろってことだろうな

いいかね? ボクは優しいから助言してしまうが――零番目が襲撃されている理由については、聴いているかね」「えっと……暗殺代行者としての仕事を、事実上終わりにするってことでしょ? 今までも廃業してたんだし、何も変わらないと思うんだけど」「何も? 変わらない?」 クッ、と喉の奥で笑う彼女の気持ちもわからなくはない

今までは橘の名が持っていた影響力が、事実上なくなるという意味に対して、七はあまりにも鈍感だ

あなたも好きかも:北新地 カジノ
だからといって七自身が持つ技術が風化するわけではないけれど――

あなたも好きかも:ro ニーヴエンチャント スロット
 七は知らない

あなたも好きかも:シンフォギア スロット アプリ
 己の技術で、己の身が守りきれないことを

「やれやれだ

アブの判断もあながち間違ってはいないが、いかんせん流れに支障をきたすな

あれもまだ先が見えていない