天地 を 喰らう スロット

天地 を 喰らう スロット

問題が発生したので一応お伝えしようかと」問題が発生したという言葉を半ば予想していたのか小百合は驚きもせずにそうかと呟いた後で小さく息を吐く

『それで、具体的には何が起こった?』「俺も詳しいことは把握していないんですが、方陣術でマナを集めようとした魔術師がいました

ベル曰く方陣術と精霊術の合わせ技という事でしたが・・・」康太の言葉に電話の向こうにいる小百合が小さく舌打ちするのが聞こえた

恐らく小百合も今こちらがどのような状況なのかおおよそながら理解したのだろう

厄介な状況になっている

だが康太が今こうして電話を掛けることができているという事から最悪の事態には陥っていないという事を悟ったのか、少しだけ安堵しながら受話器越しに安堵の息を吐いていた

『そうか、ライリーベルはなんと?』「俺がそのことを伝えたらすぐに止めるように指示してきました

あなたも好きかも:カジノ オンライン
今はその方陣術の解体を行ってます」『それは何よりだ

さすがはあいつの弟子と褒めておくべきか

それを起こした魔術師は捕えたか?』「いえ・・・それが・・・その・・・」康太が言いよどむという事からとらえることができなかったという事を察したのだろう、小百合は大きくため息を吐きながら呆れ果てているようだった

あなたも好きかも:スロット my
『さすがは私の弟子だと叱るべきか?なにがなんでも捕えるべき状況だった・・・』「すいません・・・少し詰めを誤りました・・・その・・・殺しちゃまずいと思って・・・」殺しちゃまずい

いかにも普通の人間のような言葉に小百合は唸るような声をあげた後で再度ため息をつく

『どうやら叱られるべきはそう言う事をしっかりと教えていなかった私の方だな・・・まったく・・・反省は後だ、その魔術師はどうした?』「負傷させましたがそのまま逃げました

どこに行ったかはわかりません

氷を使う魔術師でした」『氷か・・・それだけで特定はできないだろうな・・・とりあえずその近くにある協会の魔術師に応援に行けるように言ってみよう

無駄だろうがな・・・』この場所はマナが非常に薄い

普通の魔術師であればこの場所に来ることはなるべく避けるのだ