パチンコ 採用情報

パチンコ 採用情報

じゃあ見に来て」《行きたいっ、……行きたいっ!!》 駄々を捏ねるような気配に、優樹は「……ふふっ」と嬉しそうに笑い、ナガレを抱き締めた

「浴衣は……流君のために取っておくね」《……勉強抜け出そうかな》「ホント?」 パッと目を見開いて表情を輝かすが、《けど、そのまま優樹を連れてどっか行きそう》 呟かれた言葉に顔を赤くして、感情を誤魔化すようにウニウニとナガレの体を押す

《早く日曜にならないかなぁ

……試験終わったら、もうずーっと優樹といてやる!》 強く宣言されても困るが、優樹は「はは……」と引き攣った笑みを浮かべながらナガレの腕を握ってパタパタと振り動かした

「おじ様に怒られると思うけど……」《放っとく!!》 嬉しいやら心配やら

あなたも好きかも:フリー パチンコ
 掴んでいるナガレの腕を自分の額に上げて鼻を擦りながら戸惑いを隠していたが、「……あっ」と、話題を切り替えるべく思い出した

「そういえば赤ちゃんは? おば様、そろそろだったよね?」《うん

十月の初めくらいに生まれるんじゃないかって言ってる》「そう」 優樹は笑みを溢して天井を仰いだ

「男の子がいいなー……

流君にそっくりな」《……

あなたも好きかも:家 パチンコ
まるでオレの子どもみたいな言い方なんだけど?》「お、弟だったらいいね」 顔を赤くして慌てて言い直し、セカセカとナガレの腕で自分の頭を掻く

《オレは優樹に似た女の子がいいな》 愉快げな声に優樹はキョトンとし、パチパチと瞬きを繰り返すと顔を真っ赤にして目を泳がせてうろたえた

「……な、流君?」《子どもは多い方がいいかな

少なくても三人は欲しいところ》「……あ、あの、……お、おば様の赤ちゃんの話で……」《親父が十九の時にオレが生まれたし……