ガロ パチンコ 歌詞

ガロ パチンコ 歌詞

もっとも、セツナがひとりきりのところを襲ったあの女は、戦場で生きるような人物とは思えないが

あなたも好きかも:リング バースデイ パチンコ シンプルモード
暗殺者か、それに近い立ち位置のものだろうか

あなたも好きかも:スロット データ 取り 方
だとすれば、騒ぎを大きくしすぎだったが

 ルクスは、一度手合わせしてみたいと思いながらも、関わり合いになりたくないとも思った

どちらも正直な気持ちだった

あの女のような荒唐無稽な戦い方をする人間とは、戦場で巡りあう可能性は低く、そういった意味では戦ってみたいのだが

無意味に終わるかもしれない、という意味では戦いたくもなかった

 破壊音が止んだ

女が攻撃の手を止めたのだ

だが、それで終わりではないのは、だれにだってわかる

女は、両手を頭上に掲げていた

まるで見せつけるような動作は、演出のようにも見えたが

 次の瞬間、セツナの頭上からナイフとフォークが滝のように降り注ぐ

あなたも好きかも:スロット リング 呪いの7日間 中段チェリー
セツナは、対抗せずに飛んだ

前方、女に向かう

ナイフとフォークはテーブルに突き刺さるか、床を跳ねた

セツナが、あっという間に女との距離を縮めた

女は、笑ったようだ

両腕を胸の前で交差させる