新宿 スロット ツイッター

新宿 スロット ツイッター

ふたつ、みっつ、四つと増大し、ひとつになり、十になり、二十と増え、またひとつに戻る

増減する光たちの中心に佇むのは、女だ

赤い髪が白みがかってみえるのは、光のせいだろうし、光源がほど近くにあるからだろう

その女はこちらに背を向けているのだが、背格好だけでミリュウだとわかった

見慣れた普段着姿だった

あなたも好きかも:パチンコ 数 店
 ふと、囁くような声が聞こえた

 圧倒的な沈黙に支配されているというのは勝手な思い違いであり、最初から静寂は破られていたのかもしれない

あなたも好きかも:パチンコ・パチスロcom
闇を蹂躙する光に気を取られて、声が聞こえなかったのだろう

あなたも好きかも:化 物語 スロット 中古
「ミリュウ……?」 ファリアは、彼女になんと声をかけていいのかもわからず、ただ名を呼んだ

すると、赤い髪の女がこちらを振り返る

無数の光源に曝された女の顔は上気し、汗ばんでおり、同性のファリアからみても艶めいてみえた

「あれ、ファリア?」 彼女は、目をぱちくりとさせた

彼女の周囲に浮かんでいた光が一斉に消失し、暗闇が生まれる

その暗闇を切り裂くのは魔晶灯のささやかな光だけであり、ファリアは、そのか細い光の中、ミリュウが突如として崩れ落ちるのを見逃さなかった

床を蹴り、駆け寄る

「ミリュウ!」 ファリアがミリュウのくずおれた体を抱きとめたときには、魔晶灯も手拭も彼女の両手から離れていた

魔晶灯の光が蔵の暗闇の中で旋回し、ファリアの視界を何度か掠めたが、やがて床に落下して落ち着く

手拭は埃まみれになったかもしれない

無論、そんなことよりも、ミリュウの体が床に激突せずに済んだことのほうが大事であり、ファリアは両腕にかかるミリュウの体重にひたすら安堵した