パチスロ 魔法少女リリカルなのは 曲

パチスロ 魔法少女リリカルなのは 曲

夜までかかってようやく一匹を捕獲するのがやっとだった

「ネアが、僕を守ってくれたの

勇ましかったよ!」回廊沿いのサロンの一室で、ゼノーシュがそう話している声が聞こえてくる

今日はネアと一緒に街に出て、とても楽しいことがあったようだ

あなたも好きかも:パチンコ 7月 回収
彼の騎士の答える声が続き、懸命に話を続けるゼノーシュの嬉しそうな声が耳についた

南瓜の魔物は、ネアのお気には召さなかったようだ

山に放してくることになったけれど、代わりに手を洗って貰えた

香りのいい石鹸で泡をたてて、丁寧に隅々まで洗ってくれる

大事にされているようで嬉しくて、その日はずっと唇の端が緩んでしまった

あなたも好きかも:スクロール・オブ・デッド
石鹸の香りは人間の商店が作った売り物の香りだ

調香の魔物の香りとは違う

あなたも好きかも:パチスロ まあ じゃん かく とう
ネアは、季節ごとの音や香りの、その全てを貪欲に楽しんでいる

ばりばりと踏む色とりどりの落ち葉や、鉄板でバターと塩で焼く茸

真夜中に星を見に行こうと言い、色鮮やかな秋の実を喜ぶ

干した果実の焼き菓子に、秋の終わりの霧の朝を好み、冬に備える鹿達をじっと見ている