パチスロ ブラックラグーン

パチスロ ブラックラグーン

闇渡りの出自と矛盾してるぜ」 イスラはぼそりと呟いた

「そうですね

歴史書に書かれたことはきっと誇張を含んでいます

あなたも好きかも:スロット jps
私たち祭司の間では、今はもう宗教的な意味合いしか持たない地名です」 だが、石の地図を見上げるカナンの瞳には、エデンはただの幻想とは映っていなかった

「でも、エデンの物語が幻想だとしても、エデンという土地があったことは紛れも無い事実です

あなたも好きかも:パチンコ タイキ
かつてそこに大勢の人々が暮らしていたことも、その生活を支えるだけの力を持っていたことも」「……あんた、まさか」 カナンは地図を見上げたまま、無言でうなずいた

「私の旅の目的は、エデンを見つけ出し、そこに辿り着くこと

そして、幻想ではない、本当の楽園を造り上げることです」

あなたも好きかも:パチンコ エヴァ12 評価
石の地図から光が消えていく

辺りは再び暗闇に包まれ、二人の顔を照らすのは各々の持った松明のみとなった

天井の圧倒的な煌めきが無くなったためか、それまで以上に荒涼とした空間に変わったようにイスラには思えた

「本当に出来ると思ってるのか?」 イスラの声は四方に反射して、何度もカナンの鼓膜に響いた

 あまりに途方も無い計画だ

彼女の語る目標は、現実を完全に無視している

つまらない目的なら見限ると言ったが、この答えは逆の方向に振り切れていて、頭の中が真っ白になってしまった

「私だけでは到底無理です

そこまでたどり着くことも出来ないでしょう

だからこそ、あなたの力が必要でした」「そりゃどうも……で、たどり着けたとして、その後はどうなる? エデンとやらに行くのが俺たちだけじゃ意味が無いだろ

道路は確保出来るのか? 食料は、水は?」 カナンは首を横に振った