カジノ どこパレ

カジノ どこパレ

 まだ幼い彼女が……種族の命運と王国の誇りと自分だけが生き残った自責の念を……あの細い肩にすべて背負って…… ふざけんなよ!! 彼女は幸せにならなきゃいけないんだ

あなたも好きかも:カジノ 日本 いつ
いや、絶対に俺が幸せにしてみせる

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 新伝説創造 万枚
 だからお前は―――――「…………塵ひとつ残さない」 空にキラキラと火花が飛び散る

 綺麗…………まるで空に咲いた花のようね

 ありがとう……カケルくん、私を助けてくれて……ありがとう……私の想い出を守ってくれて

 お願い……早く戻ってきて

 そしてきっと私を抱きしめてね……私の黒髪の英雄さま

隕石を処理した後、2人でアトランティアに向かう

 近づくにつれ、その巨大さと壮麗さに言葉を失ってしまう

「そういえば、男のサキュバスって夢の回廊が使えないんですよね?」「ふふっ、その代わりに彼らは他人が見た悪夢を食べるのよ

どう? サキュバスって素敵でしょう?」 悪夢を食べてくれるなんて、なんて素敵な種族なんだろう

ぜひお友達になりたいものだ

 街への入口では屈強な衛兵たちが、出入りを監視しているが、「おおっ、これはリリス殿下、何か忘れ物ですか?」 時系列的には、リリスさまが出発した直後だから、衛兵たちは驚きながらもすんなり通してくれた

あなたも好きかも:パチンコ バイト 18歳
「……お勤めご苦労さま、デジレ、ジャン、ニコラ」 リリスに名を呼ばれた衛兵たちは、感激して顔を赤くしていた

 何せ百年以上ぶりの帰還だ

本当はただいまと言いたかったが、ぐっとこらえる

 カケルについては、護衛に雇った冒険者というリリスの説明で問題なく街に入ることが出来た

 街の中はさながら風俗街のようで、たくさんの素敵な看板が立ち並んでいる

『可愛いサキュバスが貴方の夢叶えます 一回金貨1枚』『忘れたい黒歴史や悪夢を消します 銀貨10枚』  などなど、よく見ると街の中にいる人々のほとんどが観光客だった