ペーパーマン ブラックジャック

ペーパーマン ブラックジャック

勿論、仲間であるトレニア、アングレカムも含めてな』ロブロウ領主が少しばかり労りを含ませた視線を向けてくれている事にも、アングレカムはまた頭を横に振る

『私へのお気遣いは本当に無用です

ただトレニアについては、ある意味盲点を突かれたようなものでした

彼女が人の心を読める事は、決起軍の中では仲間内のでは周知の事でしたが、大っぴらにはしていません

けれども勘の鋭い人物が見たなら、私たちのやり取りを見ていたなら、トレニアの"力"に察しがついていてもおかしくはないことでした』(もし、企て事を目論んだとしても、トレニアが心を読めたのならあっさりとばれてしまう

しかし、トレニアの力を信頼し過ぎて――頼り過ぎていたのなら、彼女にさえ気がつかなければ、裏をかける事に繋がる

と言ったところかな)賢者が黙して、頭の内で考えている事に見当がつく決起の参謀は彼が口を開くのを静かに待っている

あなたも好きかも:手袋 ぱちんこ
『彼女の心の読める規模―――というよりは、範囲かな?

そういったものはあるのかな?』そして賢者が質問する事は、トレニアに繋がりがある人物でなければ知らない事――こればかりは、幾ら賢くても直接繋がりがある人でなければわからない事を口にする

あなたも好きかも:シオサイ スロット 天井
『それについては、彼女の言葉をそのままに言わせて貰えるのなら、″口に出している声″と声量の仕組みは変わらないそうです』『ポツリと思えば、呟いたように聞こえて、激しく怒りを感じれば怒鳴ったように聞こえるという塩梅と捉えても構わないかな?』『ええ、そのように捉えて考えて頂くのが、一番納得できる事かと思います』会話の内容が仲間を不幸の事をはなしているのに、″不謹慎″と思いながらも、打てば響くように流れ進む賢者との会話で、アングレカムの気持ちは不思議と和む

あなたも好きかも:神戸市 スロット イベント
正直に言って、グロリオーサを唆した直後、トレニアに辛い決断をさせてしまってからは、彼の心の中は煮詰まっていた

彼女の心が納得出来る限りの言葉を、申し訳ないと思いながら吐き続け、高い確率で仲間の一人の夢を潰してしまいそうな罪悪感

自分の考える、国を平定に導くための策が巧いものだったのなら

仲間の幼い頃からの切願を潰さずに済むかもしれないという、自分のいたらなさ、不甲斐なさが辛かった

『――ただそういう話を聞いたならば、1つ不思議にも思える所が私にはあるんだ

"悪魔の参謀殿"は決起軍の裏切り者に気がつけなかったとしても、仕方ないと思う