スロット 珍 台

スロット 珍 台

ましてや、川遊びに興じる子供の保護者という風でもなく、また、だれかに連れられてきたという感じもなかった

 くたびれた衣服は泥にまみれているように見えたし、痩せ細った体はろくに食事もしていないように思われた

だが、男は、自分の状況など意に介していないかのように川の流れを見、そして、こちらを見た

 ミレルバスの視線に気づいたのかもしれない

あなたも好きかも:パチンコ ルパン アプリ
 ミレルバスは妹に手を引かれ、川の中ほどまできていた

川幅は広く、川岸の様子などはっきりと見えるはずもない

 それなのに、ミレルバスは男の顔の造作まで脳裏に思い浮かべることができるような気がした

きっと気のせいだろう

あなたも好きかも:パチスロ 大海物語4
そこまではっきりと見えるほどの距離ではなかった

あなたも好きかも:サムライ スピリッツ パチンコ
 男がこちらを見て、どのような表情をしたのかもわからないが、男が森の中に消えていったのはミレルバスの視線が気に食わなかったからかもしれない

「お兄様?」「あ、ああ……なんでもないよ」 妹のあどけない顔を見下ろしながら、ミレルバスはわけもなく胸騒ぎを感じたものだった

 瞼を上げると、魔晶灯の冷ややかな光が視界に突き刺さるかのようだった

鋭い痛みに思わず目を閉じる

 再び生じた暗闇の中で苦い顔をすると、彼は小さく息を吐いた

 夢を見ていたらしい