バイキングマスター スロット

バイキングマスター スロット

 であれば彼らも相対したことがあるかもしれない

 だが、全員が首を横に振った

「僕が姉上以外に会ったのは、木幕さんだけだったなぁ」「俺もだぁ……」 そんな声を聴いた後、木幕の意識は現実へと引き戻される

 起き上がってみればもう朝だ

 今日は、ギルドへと行かなければならない

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット 6号機 やめどき
「出発!」 クリストファ・ラッツェン司令官の凛とした声が響く

あなたも好きかも:パチンコ 盗難 逮捕
編成を終えたゴルドーリア国軍は、それぞれの部隊に分かれ新しい王都から北へと進み始めた

 目的地は北の北、ベンドル王帝国帝都

国境を北に動かすという表明後ほぼ動くことのなかったベンドルを見越して、その国をまるごと押しつぶすために

「陛下」 軍隊の最後部、ひときわ豪勢な馬車は動くまでにまだ時間がかかる

そこに座す国王ワノガオスに対し、クリスは他のものには聞かれぬよう声を落として語りかけた

「わざわざ、陛下のお越しをいただかなくとも我らは、ベンドルなど一蹴してみせましょう」「その意気は認めよう

じゃが、わしが出た方が良かろう? こちらから他国への侵攻など、ここ数代にわたってないことだったからなあ」「……はあ」 かつての強国であったベンドルが北の地に放逐されてから、ワノガオスで国王としては九代ほどの歴史を刻んでいるだろうか

その間、他国と国境沿いでの小競り合いなどはいくつもあったが本格的な侵攻はこれが初めてになる