初代モンハン スロット

初代モンハン スロット

するとサヤが、上着を俺の肩に掛けてくれたので、そのまま着込む

「……ん?」 そのサヤの視線がずっと俺を見据えているから、何か言うことがあるのかと思い、問いかけたら、ハッとしたサヤが、慌てて視線を逸らした

 今日のサヤは、例の完璧な装いなのだが、面覆いで顔の大半が隠れている

 その面覆いも、刺繍がふんだんに施されているもので、サヤの美しさはそこはかとなく理解できるものの、見ていられるくらいには隠されている

 とはいえ……やっぱり何か、艶めいてみえて困る……

この面覆い、なんで俺とギルには、そう見えるのだろう……

「い、いえ……ちょっとその……見惚れていたといいますか……」 視線を逸らしたサヤが、頬を染めてそんな風にごにょごにょ言うから、こっちまで赤面してしまった

あなたも好きかも:規制 パチンコ
いや、俺に見惚れる要素ないからね

何言ってるんだこの子は

「や、夜会服だもんな……ちょっとその、大人仕様というか……」 俺もサヤに見惚れてしまうし、視線のやり場に困るので、その気持ち自体はよく理解できる

あなたも好きかも:水道橋 パチンコ
なんとなく背伸びしている感覚で、妙に小っ恥ずかしいよな、これ……

「まあとにかく、三時間ほど耐えれば任務完了だ

あなたも好きかも:聖闘士星矢 スロット スペシャル 天井期待値
サヤはちょっと、辛いかもしれないけど、気持ち悪くなったりしたら、我慢せずに言うんだよ

俺もそれを口実に逃げるんだから、遠慮しなくて良いんだし」「は、はい……

だけど今更、関係者の皆さんにバレやしないか、心配になってきました……」 そう言ったサヤが、不安そうに……心細そうに両手を握りしめる

 この祝賀会、言うまでもないことだが、工事に関わった者が多く参加する

サヤとも深く関わっている人たちだから、その不安は当然だろう