リゼロ スロット ミニキャラ 右下

リゼロ スロット ミニキャラ 右下

「まあ、時間はあるんだ

あなたも好きかも:蒼天の拳 天授の儀 パチンコ
ゆっくり考えればいい

とりあえず俺は飯でも食って来る」緊張感のない言葉を残してから北条も会場を出て行った

その後姿を見送ってから時計に視線を向けてみる

いつの間にか、正午が過ぎているようだ

時計の針はまもなく1時になろうとしている

あなたも好きかも:パチンコ アピアランス
翔子との試合が3時間後であることを考えれば、食事を取っておくのも悪くはない判断だろう

あなたも好きかも:r6 スロットルコーン
北条と同様に昼食でもと考えてみたのだがその考えはすぐに捨てた

1食程度なら抜いても問題はないからな

それよりも今は他にやるべき事がある

現状でも翔子と戦えるのは間違いないはずだ

だが、現状で満足するつもりはない

常に新しい力を求め続けて『さらなる高み』を目指すつもりでいる

だからこそ、もっと突き詰めるべきなのだ

考えるべきことは沢山ある

残された時間は3時間

翔子を乗り越えて、その上を目指すために

まずは待合所に向かう