スピノウィーン

スピノウィーン

「………………殺す必要はなかった筈だ」「どうして………………? だって、あの女は………………!」「――――――――お前まで汚れるだろうがッ!」 レナを殺したからではない

彼女はまだ何もしていない、普通の少女だった

俺たちの敵は人々を虐げる転生者やクソ野郎たち

彼らを殺せば汚れることに変わりはないけれど、俺たちが殺すべきなのは少なくともそいつらだ

 なのに、彼女が殺したのは―――――――まだクソ野郎になっていない、レナである

あなたも好きかも:リゼロ スロット 設定6 カード
 いきなり俺に怒鳴りつけられたラウラが、片手で頬を押さえながら凍り付いていた

彼女の瞳を見つめていると、彼女がどれだけ混乱しているのかがよく分かる

まるでラウラの心の中にあるあらゆる感情が、そのまま俺の中に流れ込んでくるかのようだ

 彼女なりに俺のために尽くしてくれたというのはありがたい話だ

あなたも好きかも:ガリバー パチンコ 摂津
けれど、ここまでする必要はないだろう?「俺たちが殺すべきなのはクソ野郎共だ! 殺すべき敵は選ばなきゃダメなんだよ! 親父たちが何のために俺たちに戦い方を教えてくれたのか分かるか!? 嫌いな奴を、個人的な理由でこの世から消すためじゃないんだよ!!」「………………!」 ラウラの瞳に、少しずつ涙が浮かぶ

あなたも好きかも:鹿児島市 パチンコ 休業
 俺はもしかすると、彼女を甘やかしすぎたのかもしれない

彼女を守ろうとしているうちに、〝守る”ことと〝甘やかす”ことの区別がつかなくなってしまったのかもしれない

「………ご、ごめん…………なさい………………」 弱々しい声で、ラウラはそう言った