pそ2 カジノ

pそ2 カジノ

 持ち主はもういなくて、それに寂しげな視線を落とす女の子がいるだけだ

「追いかけたら」「そうやって、ショウと二人っきりになるつもり?」「なっ」 耳元でささやかれ、即座に口が抑えらえた

「変に色気付いちゃって

駄目よ、子供がそんな事を考えてたら」 言いたい放題かつ、からかうような視線

 口が塞がれているので、私は何も反論出来ない

 訳でもない

「ひゃっ」 変な声を上げ、私から飛び退くサトミ

 舌を出して、彼女の手の平を舐めたのだ

あなたも好きかも:コードギアス3 スロット ガウェイン
「美味しいわね

あなたも好きかも:仙台泉 ぱちんこ
乙女の柔肌は」 下らない事を言って、舌なめずりする

  そうしたらサトミは私に背を向けて、キッチンへと向かった

 後を追って見ていると、手を洗い出した

 入念に

何度も、何度も

   石けんまで付けて

「失礼な子ね」「じゃあ、舐めないで」「噛めばよかった」 舌打ちして、自分の指を軽く噛んでみる

……なんか、甘い

 食べられそうな気もする