パチンコ パチスロ 雑誌

パチンコ パチスロ 雑誌

だけど同時に千夏の笑顔が嬉しかったのも事実なのよ

「…ホントに馬鹿ね

あなたも好きかも:クイーンズブレイド パチンコ 美闘士 甘
」「え~?そう?美春ほどじゃないと自分では思ってるんだけどね~」…はぁっ!?「どこをどう考えればそうなるのよ!?」「どこって…どこをどう考えてもそうでしょ?」…なっ!?自信たっぷりに微笑む千夏を見て大きくため息を吐いてしまったわ

「はぁ…

本気で千夏が羨ましいわ

」「でしょでしょ?やっぱり馬鹿は美…」「うるさいっ!」怒りを込めて振り回した扇が千夏の後頭部に直撃する

「…っ!?…ぁ!?…って!?」あまりの激痛による混乱状態よ陥って涙目になる千夏だけど

今はそっと囁いてあげることにしたわ

「それで?誰が、誰より、馬鹿なわけ?」「え?ちょっ…

暴力は…反則…っ!」「…ま、まあまあ、鈴置さん

」私の迫力に負けて怯える千夏の前に斎藤和義が歩み出てきたのよ

あなたも好きかも:パチンコ 軽量カップ
「ここはふざけてる場合じゃないからさ

ちょっと落ち着こうよ」二人の仲裁に入る和義だけど、その判断は失敗だったわね

「うるさいっ!」「ぐぁっっっ!?」私の扇によって額を殴打された和義は、あっさりとその場に倒れ込んでいたわ

「これはさすがに…痛すぎだ…

」頭が割れるかと思うほどの一撃によって涙目になる和義をあっさりと素通りしてから、改めて千夏に歩み寄ってみる

「で?誰が、誰より、馬鹿なわけ?」「…っ!?」再び問い掛ける質問を聞いて、千夏は恐怖に表情を染めていたわ

「ご、ごめんってばっ!ちょっぴり調子に乗って言い過ぎたのよ!どうせ私が悪いんでしょ!?私が馬鹿で良いから!だからそんな怖い顔をしないでよ…っ!!」………

怯え戸惑いながら叫ぶ千夏だけど