ナンニチ ぱちんこ

ナンニチ ぱちんこ

もし王がまた困ったことをしているようであれば、諌めて踏み止まらせることが出来るくらいに、あの人の心に近しいのは、ネアだけだと言いたかったんだ」ウィリアムはひとまず一度戦場に戻り、何かあればすぐに駆けつけてくれるということだった

部屋を出る前に一度ぎゅっと抱きしめてくれて、ネアは不覚にも泣きそうになる

これから魔物と大事な話をするので、心を波立たせないように、冷静でいなければならないのに

一人で、見慣れたリーエンベルクの廊下を、自分の部屋まで歩いて帰った

窓から見える中庭の木々や花壇の花は、少しずつ夏の盛りを超えて、秋のものへと変わり始めている

ネアですら驚いてしまうくらいなのだが、あともう少しでネアがこの世界に来て一年が経とうとしていた

あなたも好きかも:近所 の パチンコ 屋
あまりにも目まぐるしく、極彩色の万華鏡のような不思議な世界で、あっという間にここまで来てしまったけれど、それは即ち、ディノという魔物に出会ってからの一年でもあったのだ

あなたも好きかも:バッドマン スロット 曲
(だから、…………いつの間にか私は、こんなにもこの世界に馴染んでいたんだわ)様々な事件があり、あっという間に過ぎ去っていった日々だった

この世界に来てあまりにも多くのものを手にしたネアだったが、どれだけ強欲な人間だとしても、唯一無二のものはもう決まっているのだ

その、たった一つのもの

その尊さを思いながら、病院に連れて行かれる小さな弟の背中を思う

あなたも好きかも:ダンメモ スロット 打ち方
或いは、土の中に埋葬されてゆく、両親の棺を

失われるということ以上に、残されることの苦しさが堪えたのだろうかと思うのは、ネアが自分本位な人間だからなのだろう

だから、こんな風に胸が潰れそうな思いをするのだろうか

部屋に帰ると、ディノは所在なさげに一人で窓辺に佇んでいた

その横顔の美しさに見惚れかけ、やはり精彩を欠いているような瞳の力のなさに息が苦しくなる