パチンコ 屋 裏 事情

パチンコ 屋 裏 事情

 元の世界でも、これだけのことをやったら、相当なコストがかかりそうだ

 当のノームはというと、ツルハシを放り投げ、仰向けになり、ぜえぜえと荒い息を上げていた

 もう全力でやったというのがありありとわかる様子だ

 おかげで助かった

 完璧に、安全に、オレ達を地上まで送り届けてくれた

あなたも好きかも:ウィル パチンコ店
「お嬢……」 傷が完全に回復し、体調も戻ったヒューレイストが、泣きながら抱きついていたアンクホルタへと声を上げる

 助かった安堵というよりも、何か申し訳なさそうに見えた

「いいんです

いいんです

あなたも好きかも:栄華 ぱちんこ
あなたが無事であれば」「ああ、そうだな

あなたも好きかも:パチスロ 当たる確率
まだもう少し時間がある

大丈夫だ

きっと」 アンクホルタも、ウートカルデも、慰めるように声をかけていた

「だが! 私が我慢すれば!」「我慢できようがないじゃないですか

あのままだと、貴方は死んでいたのですよ」「ですが、お嬢」 アンクホルタ達の会話でなんとなく分かってきた

目的の代物ってのは

「すみません