スロット モグモグ 天井

スロット モグモグ 天井

あなたも好きかも:船橋 パチスロ 優良 店
精神体って今言ってたのが セイ様たちの状態だな

セイ様は経験豊富だから 知っているぞ」美射は唖然としながらも慌てて俺とセイの間に入って、どうやらさらに自己イメージを変化させて、裸になったらしいセイを必死に俺の目線から隠す

チラチラと白い肌が見えている

あなたも好きかも:リサイクルショップ スロット
「ちょ、ちょっと!セイちゃん! やめなさいって!」「なんでだー?健全な男女が閉鎖空間に入ったら やることは一つだろう? セイ様、詳しく知ってるんだがー?」「セイちゃん!魔族国の不健全な本とか読み過ぎよ! どこが健全だっ!私の但馬を汚さないで!」「はぁー?ストーカーごときがフィアンセと同格だと 思っているのかー?格というものを考えろ

あなたも好きかも:パチスロ カイジ ゾーン
 厳格なる序列を、その残念なる頭に叩き込んでいけ」「セイちゃんのアホー!」「なんてこと言うんだ!アホって言うやつがアホだ!」ギャーギャー言い合いながら押し合いへし合いしだしたアホ二人の反対方向を向いて座り直し、煩いけど、まあ……確かにこの状態なら鬱になっている暇はなさそうだ

シリアスに考えて、疲れるのが馬鹿らしくなってきたな

と独り頷く

暴れている二人からは距離を取ってどうやって物理体が起きるまでここで過ごそうか考える

……寝るわけにもいかないようだしたぶん、今精神体が不安定な俺が物理体の外に出てうろつくわけにもいかない

精神体で武術修行とかしても良いがエネルギーを無駄に使うと、また消えかけることになりかねなさそうでもあるし……よし

ならば、瞑想しよう

胡坐をかいてそして俺は集中しだした

次第に言い争っているセイと美射の声が遠くなっていく

そして俺はとても静かな世界の中何も考えずに、漂いだした

……「おいー起きろー

つまらんぞー

 セイ様しか居ないんだがー」激しく身体を揺り動かされてセイから起こされる

セイの裸の身体には局部やら秘部に古代文字で「禁」と書かれた白い紙が貼ってあってさらに全身を青白く光った細い鎖で巻かれている

「なんだその恰好」セイは良く訊いてくれましたと目を輝かせて「ミイがセイ様が勝手に裸になれないように 封印していったんだ