バンカー カジノ

バンカー カジノ

ただそれだけの事だ

二人もそう思い直したんだろう

ようやくあいつに視線を戻した

「随分と強気な発言だが、勝てるつもりか?俺達二人に」「言ったはずだ

言い争う事に意味はない

どちらが上を行くかは戦えばわかる事だ

あなたも好きかも:大東市 ぱちんこ
」淡々と答えているが、あいつに悪意はなかったと思うぜ

負けても不満を言うつもりはないって感じだからな

まあ、あいつの場合は今までもそうだったが、勝ち負けよりも試合内容を重視しているように思えるからな

あなたも好きかも:ダンジョンに スロット 打ち方
一つでも多くの経験が積めるのなら勝敗はどちらでもいいと思ってそうな気がするな

あなたも好きかも:すごろく オンラインゲーム
もちろん、やるからには勝利を目指すって感じだが、負けたとしても落ち込んだりはしないだろう

俺としてはここであいつが負けると面白みに欠けるからしっかり勝ってもらいたいところなんだが、100%勝てる試合を見るってのも面白くないからな

岩永達のやる気が少しでも上がるように今度は俺から二人に条件を出すことにした

「まあ、この状況で話すような事は何もないんだけどな

それでもお前等がどうしても気に入らないっていうのなら、俺からも条件をだしてやろう」俺が提示する条件

それは二人にとって間違いなく喜ぶべき条件だ

「もしもお前等がこいつに勝てたら…」あいつに指を指しながら俺は二人に宣言してやった

「こいつに勝てたら、無条件で2位を譲ってやるよ」「なっ!?」「本気かっ!?」俺の発言によって、岩永と大森だけでなく、周囲の観客達までもが驚きの声を上げてどよめきが生まれていたな