コロプラ 東京 カジノ

コロプラ 東京 カジノ

特に面白い戦い方思いついたんですよ」「へぇ、どんな?」康太は幸彦に自分が文との戦いで使った手法を説明した

体の一部を起点として噴出の魔術を使い、体を強引に相手に当てて攻撃する

隙だらけではあるが勢いがあり、なおかつ威力も高い

あなたも好きかも:コードギアス 反逆のルルーシュ パチスロ
機動力と攻撃力を兼ね備えた戦いではある

康太からすれば新しい攻撃方法であり、新しい肉弾戦の形なのだが幸彦としてはあまり良い使い方ではないと思っているのか何やら唸りながら難色を示していた

「うーん・・・正直に言ってその使い方はあまり推奨できないなぁ」「へ?どうしてですか?」幸彦のことだからてっきりこの使い方を理解してよりよく改良するかと思ったのだが、そもそもこの使い方そのものが推奨できないという否定的な意見を出してきた

幸彦にしては珍しいなと思いながらも、幸彦がそういうのであれば何かしら理由があるのだろうと康太は耳を傾けていた

「実はその方法ね、僕も昔やったことがあるんだよ

その噴出の魔術は僕も使えるからね

あんまり使わないけど」「そうだったんですか

でもそれならなんで・・・?あれって隙は大きくなりますけど体の自由が利かない時でも使えるから便利ですよ?」「逃げるのに対しては役に立つだろうね

でもその状態で向かっていっても怪我をするだけだよ