キャンサー デスマスク スロット

キャンサー デスマスク スロット

 しっかり庶民の暮らしも見てるからな」四年の間に、しっかり山口もシズカ姫と仲良くなり、俺より色々と知っているらしい

しかし、そんな良い子なのに、美射が後見についたのがそもそもの不運の始まりか

あなたも好きかも:ルーレット の ゲーム
「……」腕を組んで考え込み始めると「鈴中も、色々と辛いんだよ

 但馬が来てから、劇的に優しくなったって 色んな人から聞くよ

それまでは強面の最上位神って 一部以外からは、捉えられてたんだと」「別人格に、難しいことは譲ればいいのにな」別人格と言うか、主人格には一度だけ会ったことがあるが威圧感や覇気が、まさに"神"と言った感じだった

山口は少し考えてから「あっちは、色々と考えてて忙しいと鈴中は言っていたな

 時折代わりに仕事をしてくれるが、 基本的にはずっと裏に引っ込んで、何か計画を練っているらしい

 もしかすると、あいつも知らないうちに主人格に操られているのかもな」「そうか……」ありえる話である

あなたも好きかも:倶知安 パチンコ
しかし例え、操られていたとしても美射が神としての仕事がど下手なのは、もう間違いない

いや、というか、そもそも俺が補助しないと家族や身内とすら、あいつはまともに付き合えないのかもしれない

あなたも好きかも:パチンコ チャングムの誓い
俺が居ない間の、シズカ姫やハルへの扱いでよく分かった

二人で庭を見ながら、お茶を飲んでいると、恐らく玄関の方から「ただいまー!帰ってきましたー!」という朗らかな声がして、マリミが帰ってきた

すぐにドタドタとシズカ姫がそちらに走って向かった音がしてさらに足音がドタドタとこちらへと向かってくる

パシッと隣の部屋と繋がる襖が、ナーニャによって開けられるとシズカ姫に抱きかかえられた、髪を綺麗に結い上げていて高そうな着物姿のマリミがそこに居た

「あ、お久しぶりです……」戸惑いながら挨拶するマリミをシズカ姫は、座布団に降ろす

「挨拶来るのが遅れた、迷惑かけてごめん」深く頭を下げて謝った俺に、マリミは大慌てで「い、いや……そんな、事情は聞いています

 閉じ込められたのは、タジマ様のせいじゃありませんよ! 頭を上げてくださいよ!」「申し訳ない」ナーニャが背中にまわって俺の肩を心配そうに抱く

頭をゆっくりとあげると山口が俺の隣で「こいつ、変に真面目なとこあるんだよ

 普段は適当なわりにな」やんわりとフォローして空気を和らげてくれる