オンラインゲーム スマホ

オンラインゲーム スマホ

 だから「行間」を生み出すのは「文豪」でも己の脳力ひとつに頼っていました

 しかし今はコンピュータでいつでもどこでも文章を「切り取って」「貼り付けて」と「並べ替え」は自由自在

 意図された並び順、意図された文の挿入、意図された文の削除

 そうやって「行間」を生んでいくのです

 こう書いても「行間」の書き方がわからない方もおられるでしょう

あなたも好きかも:オンラインゲーム キャラ名
 そういう方は自分が「一を聞いて十を知る」タイプではないことを自覚してください

 なんでもかんでも「自分の考えたまま作品を書く」だけでは、誰にも評価されない人なんだとも自覚しましょう

 「行間」については後日コラムを一本書きたいと思います

あなたも好きかも:ヤマト パチンコ 甘
最後に 今回は「十を聞いて一を知る」について述べてみました

「一を聞いて十を知る」書き手は、往々にして説明不足に陥って自己満足の小説を書くものです

 だから書き手は「一を知る」ところまで下りていって「一を知る」視点から物語を紡いでいく必要があります

あなたも好きかも:澄川 駅前 パチンコ
 でもそれだけでは「わかりやすい」小説にはなりますが「味わい深い」小説にはなりません

 そこで「行間」を織り込んでいくわけです

「行間」を読ませる書き手になれれば、一見「一を知る」視点で書いていても、「二を知る」「三を知る」視点で読んだとき「ここってこういうことかな?」と読んでくれるようになります