パチンコ エウレカセブン

パチンコ エウレカセブン

「恭順……か」「陛下は、イシウス陛下を敬愛され、信じておられた! マルス=バールの首ひとつで許すと仰られたのも、イシウス陛下を信頼されておられる故ではないのですか!」「いっただろう、殿下

あなたも好きかも:百花繚乱 パチンコ 新台
わたしは、夢を思い出したのだ、と」 イシウスの眼は、どこか傲然としていた

その態度一つで、彼が王としての威厳を取り繕っていたわけではないということがわかる

生まれ持った王族としての資質なのかもしれない

 ハルベルクに足りないものを、彼は持っている

「現実に従えば、夢を追うことなどできはしないのだ

夢を追わねばならぬ

夢を追い、その途上で死ぬのならば、満ち足りた死を迎えることもできよう」「あなたはなにをいっているのです! それでも、一国の王なのですか!」「そうだよ

わたしはミオンの王イシウス・レイ=ミオン

なればこそ、この者達も、わたしの意に従い、命を捨てる覚悟でここにいる」 イシウスが示したのは親衛隊の騎士たちのことだ

いずれも三国同盟では名の知れた騎士だった

あなたも好きかも:ハップス パチンコ 鎌ヶ谷
イシウスがレオンガンドを真似て王立親衛隊を作り上げたという話は聞いていたが、まさかミオンでも指折りの騎士たちを加えるとは、ハルベルクにも想像できなかった

 が、イシウスが元にしたレオンガンドの親衛隊自体、ガンディアでも有数の実力者を集めた組織であることを考えれば、おかしいことではなかった

 ハルベルクと面識のある騎士もいるのだが、彼らは、王命にこそすべてを注いでおり、ハルベルクたちを倒すべき敵としか認識していない

視線に、殺気が籠もっていた

「一国の王ならば、為政者ならば、夢よりも現実を見るべきだ! 臣民のために、国のために!」「そう、それが正しいものの見方、考え方なのだろう

わたしは間違っている

愚かな決断をした