姫路駅 スロット

姫路駅 スロット

 そんな気持ちもあって、そう、言ってみたのだけど……

オリヴィエラ様は、なんとも複雑そうなお顔

「あの……私、貴方を一方的に嫌って、意地悪していたのだって、理解してらっしゃいませんの?」「もう誤解は解けたのでしょう? ならば、済んだことは忘れましょう

あなたも好きかも:パチスロ 銭形 2
 俺は、オリヴィエラ様となら、良い友人となれるのじゃないかって、思っていますよ

 ……あっ、こんな風な言葉遣いを、許してもらえるならば……より、親密になれるかと」 つい勢いで、途中から素が出てしまっていた

 ちょっとバツが悪くて、そんな風に言うとオリヴィエラ様はとうとう、ふっと、口元を綻ばせた

あなたも好きかも:スロット akb エンジェル 期待値
「貴方、人がよすぎると、よく言われません?」「俺だって別に、誰彼構わずってわけじゃないですよ」「そうかしら……

あぁ、でも……本当を言うと、私、友人というものはあまり、縁がなくて……少し憧れていたんですの」「ならば、どうぞこれからも、縁を繋いでいただけたらと、思います」 そう言うと、口元に手をやって、くすくすと笑う

 あぁ、やっとちゃんと、笑ってくださった

「では、これからもよろしくお願いします

どうぞレイと、呼んでください」「……なら、私のことも、リヴィと

どうぞよしなに、レイ殿」「よろしくお願いします、リヴィ様」ちょっと遅刻……申し訳ないっす!未だ嘗てない展開……ちょっと自分でもこの方向にいったかとびっくりしていたりしますが

えっと、展開的にできればもう一話行きたかったのだけどこれが遅刻するくらいにはギリギリで、思うように進められませんでした