スロット 呪怨

スロット 呪怨

表情……少なくとも人間の頭の方には、それらしきものが認められたが、しかし直視し難いほどに醜悪な表情であった

「こりゃまた、えげつないのが出てきたね……」 ペトラの呟きに、それらは静電気に触れたかの如くびくりと身を竦めた

そしてそれぞれの身体に根付いた二つの頭から、苦痛に満ちた嗚咽を絞り出しつつ、正常な人間に向かって殺到した

二つ首の輩《やから》は、さほど強力な敵ではなかった

 不揃いな腕は長さこそあるものの、腕力そのものは普通の人間とさして変わらないだろう

ただ、正気の人間ならば、自分自身の身を守るためにある程度力を抑えるものだ

あなたも好きかも:まどマギ スロット エピボ
筋や腱が切れていたり、あるいは骨を砕いてまで走り続ける者はいない

 だが、彼らにはそうした自己防御に関する欲望が欠如していた

文字通りの死に物狂いである

あなたも好きかも:qt シグナル スロット
 枷を外された力は、同時に猛烈な勢いを生じるものだ

その勢いに押され、一人の闇渡りが押し倒された

あなたも好きかも:4号機 スロット 中古 販売
 そして倒れた闇渡りの首筋に、人頭の方が歯を突き立てる

鹿の頭の方は何もしない

ただ、例の嘲るような眼光を湛えたまま、もう片方の頭の醜態を見守っている

「何やってんだよ!」 イスラは明星《ルシフェル》と混血児《ヒュブリス》を振るい、圧し掛かっていた二つ首を次々と斬り伏せた

「す、すまねぇ!」助けられた相手がイスラであるにも関わらず、その戦士は反射的に礼を言っていた

 アブネルが負傷者の襟首をつかみ、自分の背後へと引きずり込む