円 環 の 理 スロット

円 環 の 理 スロット

すると、直ぐ横に向かい風でストローハットが脱げ、紐で首にかかった状態の、整い過ぎた顔をしたさらしながら、同じ様に走るアングレカムが来た

あなたも好きかも:パチンコ ライター 炎上
《トレニア、どうしたんです?

因みに私は弟と妹を教会に預けに来た所で、貴女を見かけて追いかけてきた次第です》トレニアの"特性"を良く弁えている幼馴染みは、無駄に体力を使わない為に、喋らないで、スムーズに自分の状況を説明した

 ―――この前来た、貴族の男の子とジュリアンが喧嘩を多分始めているの!

あなたも好きかも:3g グランミラオス パチンコ
それを止める為に走ってる!

細かい経緯はあるけれど、取り敢えずトレニアの"目的"はそこだったので、走りながら息継ぎ、短く伝えた

アングレカムも経緯を聞く時間がないほど、切羽詰まった状態なのだとこの様子で判る

《ジュリアンなら、大丈夫と思いますが――――トレニアが、そうやって走るのには意味があるんでしょう

お付き合いします―――あっ?!》―――あ?!

最後の方は、アングレカムの心のと口に出す声は、重なった

その瞬間に、横にいるトレニアが素早さ自慢のアングレカムを一気に抜いて―――殴り飛ばされていたジュリアンの元まで走る

あなたも好きかも:シークレット スロット
"ドシっ"とした音をたてながら、全体重をかけて後ろ向きに倒れそうになっていた所を、抱き止めた

―――ジュリアン!

名前を呼び掛け、後方から両脇に腕を突っ込んで、支える様に抱き止めた、背の高い幼馴染みは、直ぐ自分の足で立った

ただ、振り返り彼の顔を見たなら"大丈夫でない"のは一目瞭然で、所々掠り傷や、一番特徴的なのは鼻血を流していた

《やっぱり俺は接近戦は向いてないし、面目ないけど、強いわ、"グロリオーサ"》どうやら口の中にも血が回っているらしく、ジュリアンは鼻を抑え、痛みに為に苦笑いを浮かべていた

《ジュリアンは私が引き取りますよ》追い付いたアングレカムがトレニアの肩をポンっと叩き、鼻血を垂らす幼馴染みに、やや同情的に緑色の瞳を細めた

―――お願い、アングレカム

そう言って、ジュリアンを引き渡した時、グロリオーサは背を向けてこの場を去ろうとしていたので、思わず先程幼馴染みが呼んでいた名前を使って大声で呼び止める