韓国 カジノ パラダイスシティ

韓国 カジノ パラダイスシティ

激突した三つ首の銀狼の頭に生えた角がドラゴンの『竜の心臓』に直撃したのだ

 すでに先ほどの七色の光でほとんど死に体であった最後のドラゴンはそのまま何をすることもできずに生命活動を終えた

つまりドラゴンイーターマザーは寄生主をすべて失いついに己の樹体のみとなってしまったのだ

 しかし、マザーはそのことに絶望も感傷も感じていない

そもそも感じられる脳もなくなったのでそうした感情のブレも発生しなくなっていた

あなたも好きかも:バカラ 本社
故に生存本能に身を任せるままに死亡した最後のドラゴンからも離脱し、さらに逃走を続けようとしたのだが、「ウォンッ」 マザーが進もうとした先に三つ首の銀狼がすかさず回り込んで吠えた

マザーよりも目の前の狼は確実に速い

マザーは己がこのまま逃げ出すことはできないということを理解せざるを得なかった

あなたも好きかも:バースト 攻略
『よくやったねクロマル』 そして、最後に一匹の狼がやってきたのである

あなたも好きかも:香港 マカオ 移動 料金
 それは先ほどもいた、人間のような格好をした二本足で立つ銀色の狼だった

全身を光り輝く銀色の鎧で覆い、手に持つ槍から凄まじい力を放ち、槍の先からは神聖力の輝きが固定された巨大なエネルギーの刃を発生させていた

 それを見てマザーは全身が震え、命の危機を感じた

 透き通るような銀の毛並みに、煌めく金色の瞳

 その深淵に宿るのは命の存在しない荘厳なる死の世界そのもの

何者をも立ち入らせない神々の領域だ

その場に踏み込んだ者を容易に喰い殺す姿を幻視させるような死の獣を前に、マザーは植物でありながら恐怖という感情に支配されていた

そして、マザーはとっさに走り出したのだ

やる気みたいだね』 狼の言葉はマザーには理解できないが、逃げ出せないことははっきりと分かっていた