16日 イベント スロット

16日 イベント スロット

"始末"してやるしかないな」護術の白い装束で包まれたままのアプリコットが、短剣の血を懐紙で拭き、巨大な炎のイノシシを見上げながらやってきて言う

アプリコットの姿を見たウサギの賢者がパチリと指を弾くと、護術の白い装束は空気に溶けるように消えた

あなたも好きかも:アステカ・ウォーリア・プリンセス
「始末って、殺すんですか?」リリィがアプリコットから預けられた仮面を抱きしめたまま、不安な表情を浮かべる

アプリコットは真一文字に口を結んだまま、手を差し出す

それは"仮面を返して欲しい"と表現していた

「アプリコットさま、依り代であるイノシシを殺すんですね?」ウサギの賢者の巫女はまるで人質のように、仮面を抱きしめて彼女の返答を待っている

 「リリィ、命の恩人にワガママは止めなさい」未だに熱風の鼻息を浴びながら、ウサギの賢者がリリィを諫める

賢者からの珍しく厳しくも感じられる言葉に、リリィは俯いたが、アプリコットの仮面を再びギュッと抱きしめる

でも、それから自分が抱きしめている仮面の存在と、大好きな賢者の言葉でリリィは自分の中にある、"歪(ゆが)み"に気がついてしまった

ウサギの賢者とアプリコットは、魔獣である炎のイノシシであるグリンブルスティから、殆ど"命懸け"でリリィの事を守ってくれた

あなたも好きかも:ダイシン パチンコ 尼崎
そしてグリンブルスティは、間違い無くリリィの命を狙ってもいた

それは今も変わらず、ウサギの賢者が召喚したグレイプニルの力がなければ炎のイノシシは、その巨体で直ぐにでもリリィを潰そうと目をギラギラとさせていた

(私、自分勝手な事してる)自分は指先1つ汚さず、護られていただけ

あなたも好きかも:スロット セレクター 清掃
それなのにリリィを殺そうと、尚も足掻く獣の命を救って欲しいなどという

(これじゃ、せっかく守ってくれウサギの賢者さまと、アプリコットさまを後ろから襲っているのと変わらないじゃない)リリィのアプリコットの仮面を抱き締める力が、ふっと弱まった

そうすると再び、半透明な幼い少女、"幼き日のアプリコット"がリリィの目の前に現れた