牙狼 スロット やめどき

牙狼 スロット やめどき

 そして、ノイズのような声が聞こえてくる

「――それじゃあ、この控え室で待っててね

あなたも好きかも:スロット 北斗 の 拳 強敵 北斗 揃い
係員の人が来たら、闘技場内まで歩いてきてくれたら、それで計画は成功だから……ってこれ、聞こえてるのかな? うーん、リーパーちゃん、あとはお願い」「任せといて、お兄ちゃんは必ずアタシがそっちまで送り込むから」「うん、任せた

それじゃあ、私たちは逆側から入場するから、じゃあね」「いってらっしゃーい」 誰かの話し声が消え、周囲の人が少なくなる

 隣には小さな女の子が一人いるだけだ

 女の子はふわふわと近くを飛び回り、落ち着きが全くない

あなたも好きかも:オンラインカジノ 億万長者
 僕は深い闇の中から、その女の子を目で追う

それは夕闇の中を飛ぶ蝶を追いかけるかのように、妙に心が落ち着いた

あなたも好きかも:ココ調 スロット
 時が過ぎ、部屋の中に人が入ってくる

 ただ、いま僅かな間に数秒過ぎたのか、数時間過ぎたのかはわからない

 入室してきた人は名前を呼ぶ

「――アイカワ・カナミ選手の入場時間です……

けど、大丈夫ですか? 本当に参加するんですね?」 アイカワ・カナミ……? ああ、それは僕の名だ

 どうやら、僕に問いかけているようだ

 しかし、その質問の内容を上手く理解できない

「カナミ選手!! 答えてください! 答えなければ強制的に棄権させますよ!?」 棄権――? それはまずかった気がする

それだけは駄目なのだが、その理由を思い出せない

 いや、思い出せるはずなのだが、すぐには――「――ちょ、ちょっと待って、係員さん!」 女の子が係員と僕の間に入って叫んだ