akb48 スロット 期待値

akb48 スロット 期待値

そういう事は大体理解したライ

 しかしその動きの速さと経験の差がライの思考を上回る事は屡々(しばしば)ある

あなたも好きかも:大森町 パチンコ 駐車場
故に、ダメージを負っている状態でテュポーンの相手は少々難しかった

 ダメージはテュポーンも負っているが、魔物特有の再生力がライを上回っているのだろう

「考えても仕方ないか!」 しかしうだうだ考えていても進展はしない

あなたも好きかも:パチンコ ガンダム 逆襲のシャア ボーダー
なので持ち前の動体視力に魔王の力を上乗せしてテュポーンの動きを見切り、ほんの少ししかない隙を突く勢いで肉迫する

「オラァ!」『完全には回復しないダメージを負ったその身体でこの動きは流石じゃな

あなたも好きかも:2005年 スロット
だが、やはり徐々に疲労で鈍くなっておる』「ハッ! 先を読めば遅い動きでも躱《かわ》せるってもんだ!」 拳を放ち、それを躱《かわ》される

そこにカウンターを放つテュポーンだが、ライは未来予知染みた勘と読みでそれを避けた

 避けた先には炎が吐かれ、その炎をライは拳の衝撃だけで消滅させる

消滅させたライは炎の隙間を潜り抜け、テュポーンの腹部に掌を構えた

「そら!」『……!』 そして放つ、掌底《しょうてい》打ち

惑星程の大きさであるテュポーンは光を超えて吹き飛び、残骸を消し飛ばして彼方に向かった

 吹き飛んだテュポーンにライは追い付き、回し蹴りで方向を変えて吹き飛ばす

「まだだ……!」 小さな土魔術で足場を造り、それを踏み砕くと同時に加速して渾身の力を込めた拳を放った

 テュポーンもそれを巨腕で迎え撃つが、その巨腕を吹き飛ばして巨躯の身体に打ち付けられる

そのまま更なる力を込め、惑星サイズのテュポーンを遥か遠方へと誘《いざな》った

『ヌゥ……強力だ……! だが、まだまだだ……!』「……!」 吹き飛ぶ途中に巨腕を伸ばし、ライの身体を掠める

まだ数光年も離れていない